執筆者紹介

この記事を執筆しているのは当ウェブサイトの管理者でもある村上文崇です。

村上は中国で5年制の漢方系医科大学を卒業後、大学病院で臨床実習を経験し、さらに上海の病院で診療をしていた漢方・薬膳の専門家にして中国の食のコンサルタントです。

現在は中国の医療、食品に関するコンサルティングをしています。医薬品の流通、中医治療の具体的内容、特定地域で流行している食品についての調査などの実績があります。

また有料の講演のほかボランティア活動としてデイケアセンターなどでの漢方漫談も行っています。

薬膳の専門家としては、薬膳の現代版「インナーバランス・トリートメント」を提唱しています。

詳しくはインナーバランス・トリートメントのページをご覧ください。

著書紹介

村上は漢方・薬膳の普及のために執筆活動を行っています。

執筆上のポリシーは「日本では知られていない内容を紹介する」です。一般的な日本人が知っている中国医学や中国の食の世界は全体のうちのほんの一部だけです。

多くの人が中国医学や中国の食文化に興味を持つきっかけとなるように常日頃から中国の資料を新旧問わず集め整理しています。

知識ゼロからの薬膳入門

もともとはこれから薬膳を勉強しようと思っている人の向けて書いた本ですが、この本を読んでご連絡をくださった方は全て相当なレベルの方ばかりです。

薬膳はここから始まりここに帰ってくる。

そういう重要な内容に絞って書いた本です。

初心者にも専門家にも役立つ本なので薬膳に興味を持っている全ての人におススメします。

免疫力があなたを殺す

「免疫力は強ければ強いほどいい」という誤解に警鐘を鳴らす1冊です。

薬膳も漢方も「バランス」を重視しています。生命現象の本質はバランスだからです。

免疫も例外ではありません。

免疫は「敵」に対抗する「軍事力」のようなものです。

ちょっと考えると強ければ強いほどよい気がします。ところが免疫が働く「戦場」は私たちの体の中なのです。

あまりにも強い攻撃力は私たちの体をも破壊してしまいます。

だから「免疫」という「軍事力」は敵を倒せるギリギリの強さが理想なのです。それ以上に強いと自分の体に余計なダメージを与えてしまいます。

これは机上の空論ではありません。

病院で使われる薬の大半は「免疫力を高める」薬ではなく「免疫力を抑える」薬です。

例えば花粉症、リウマチ、アトピー。患者数が非常に多いこれらの病気に対しては免疫力を抑える治療が行われています。

つまり病気との関係で言えば免疫力の暴走は非常に深刻な問題なのです。

生命現象には二面性がある。良いことの裏には悪いこともある。

この医学常識を理解すれば「体にいいもの」を食べ過ぎたり極端な健康法に走ったりしなくなります。

花粉症、アトピー、リウマチ、その他の自己免疫疾患が「免疫力を強くすれば治る」と思っている人、医学部、生命科学分野への進学を目指しているみなさんは是非一読してください。

読む漢方薬

これは漢方のウンチク本です。

漢方の歴史や文化的な側面にスポットライトを当てて書きました。

一般的な漢方本には載っていない現代中国の漢方事情についても書いてあります。

この本は漢方の勉強には全く役に立ちません。 漢方は「お勉強」するだけではつまらないので、勉強に役に立たない本を敢えて書いたわけです。

役に立つことだけをやる、無駄を極力省く。こういう発想は人を不幸にするというちゃんとした思想が背景にあります。

ファッションも娯楽もムダと言えばムダ。だけどそういうことこそが精神を豊かにしてくれるのです。

見返りのない読書なんてしない。そんなのは不健康です。

役に立たない本を読んで時間を大いにムダ使いしてください。

中国最凶の呪術蠱毒

中国の医学書に昔から現れる蠱毒(こどく)という呪法があります。

歴代の中国の医師たちは蠱毒を治療する方法を医学書に書き残してきました。

蠱毒の歴史は漢方のもうひとつの歴史でもあるのです。

読者の大半は呪術に興味がある人のようですが、漢方の歴史に興味がある人にもおすすめの1冊です。聞いたことがある漢方の古典が随所に登場します。

もろもろのご依頼はFB経由でお願いします

村上は薬膳・中国の食・中国医学・中国の医療事情についての調査・コンサルティング・講演・情報提供を承っております。

また薬膳のパーソナルアドバイザーとして個人的な食療指導を行っております。対象地域は日本国内全域です。

ご連絡・お問い合わせはフェイスブック(別窓で開きます)のメッセージ機能をご利用ください。

このウェブサイトへのご意見ご要望もFB経由でお寄せ下さい。

記事一覧に戻る

アクセスが多い記事

タニシのスープで食す名物料理「螺蛳粉」

柳州市の名物はタニシのスープで食べる米の麺です。

桂林と米粉

中国で人気の桂林米粉をご紹介しましょう。

司馬遷の故郷・韓城の痺れる特産品

韓城は「大紅袍」の大産地です。

蘭州とラーメン

中国でラーメンと言えば蘭州拉麺です。

揚州と炒飯

中国でチャーハンと言えば揚州炒飯なのです。

桂林の軽食あれこれ

小吃で観光地・桂林を楽しむ。

棚田と菜の花の村・羅平の少数民族料理

最近観光地として人気急上昇の羅平。ご当地の名物料理は?

『水滸伝』作者の故郷と酔っ払いカニ

一部で残酷料理と呼ばれる酔蟹は興化の名物です。

SPONSORED LINK

知識ゼロからの薬膳入門

薬膳の基本を知りたい人のための入門書です

InnerBalanceTreatment

サーマルタイプについての教科書です

読む漢方薬

漢方のウンチク本です

免疫力

漢方の「ちょうどよい」の思想を免疫に関して紹介しています

蠱毒

もうひとつの漢方の歴史です

お仕事で使う

飲食店、食品・飲料の販売店またはメーカーを経営されている方の中で、このウェブサイトにお店メニューや商品を掲載したいと思われる方はいらっしゃいませんか?

薬膳的な評価が可能な飲食物であれば、一般ユーザーとして自由に掲載してくださって結構です。